昔に購入したマンションをリノベーションするための絶対確認しておく事!

 

今住んでいるマンションでは、買った当時とは住んでる人の数も生活スタイルも変わってきたから、今の生活をさらに良くする為にリノベーションという、内装なんかも一気に作り変えて新しい空間を露骨に作り出す方法らしい・・・

という感覚で、リノベーションというのを知ったという人も多いのではないでしょうか?

現実問題、リノベーションとリフォームとで同じような枠組みで考えられてある方も多いようです。

 

 

今回は、一軒家ではなくマンションをリノベーションしようという試みについての金額の目安や金額感覚はどう考えたらいいか?というのを紹介します。

 

 

 

が・・

 

 

その前にいくつか注意点があります。

 

 

 

マンションには実は区分所有法という法律があるのですが、それぞれのマンションの空間を購入されて保有してある方はこの区分所有法というのを守る必要があります。

そして、その法律に沿って、該当するマンション毎に、マンション管理規約と、使用細則というのがあります。

これらの規約には、リフォーム/リノベーションについての約束事も書かれていて、例えばマンション管理規約には個人でリフォーム/リノベーションできる範囲とそうでない範囲があります。

また使用細則には床材の防音規定や工事をするさいに承認の方法なども細かくルールがあります。

リフォーム/リノベーションする前には、必ずこの規定と使用細則に目を通してから、どういうふうにリフォーム/リノベーションするのかを考えるようにしてください。

 

でないと、

 

業者さんを入れてから、規約関係の確認などが入った時に、そこまでにいろいろ考えたいた事が使えなくてまたいちから想定し直すという事にもなりかねません。

 

普通の一軒家などとは違いマンションはやはり、共同でその建物を使用する以上確認しておくことは多いという事ですね。

そのあたりの煩わしさなどの面倒くさいけど、なんとか環境を変えたいなという方は、

北九州ですが契約後にVRで出来上がりの見本を見せてくれるというちょっとおもしろい事をしているリフォーム・リノベーションの会社があるようです。

気になる方は御覧ください。