中古の住宅を購入してリノベーションをするメリットとは?

昨今新しく注文して家を立ててもらうというのとは変わって、中古ですでに存在している家を土地付きで購入してそれを好きな形に可能な限り作り変える事をリノベーションするという事ですでにだいぶ周知されてきていますが、ぶっちゃけ、リノベーションする事のメリットってどういうのがあるのでしょうか?

また次回ではデメリットの事も記載予定ですが、今回はメリットについて、ざっくりと書いてみたいと思います。

 

思っても見なかったようないい条件の土地付きの家がみつかる!

これを見ている方で、土地を探したことのある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

土地を探すっていがいとなかなか思ったように行かないですよね。

しがらみが何もなければ、純粋に利便性で選べばいいんですが、子供の学校、職場、など考えると、そうそう簡単に臨んだところに予算内の土地は出てきません。

 

ですが、土地付きの古い物件を中古でいいからという事で検索条件を広げると、意外と条件に近い場所で条件に合いそうな古い物件はでてきます。

なのでリノベーションも視野にということで検索すると、思っても見なかったような土地が見つかる可能性があります。

 

購入金額も意外と安い場合が多い!

広い土地でさらに場所もよくて金額もそこそこわるくないという状況の物件が見つかったりします。

新築で立てるための土地だけという考えてみると、解体費用がかかったりであまりいい物件とはいえないですが、可能性としてリノベーションがうまくいくと仮定して考えると、総額でも土地の価格が意外と安いと言える条件が見つかる場合があります。

絶対うまくいくというわけではありませんが、土地を探す場合は当然ながら限りがあるので、そうそう条件にあう土地がポンポンでないのを考えると、頭の中でもしかしたらうまくいくかも知れないという程度は意識しても良いと思います。

リノベーションするとしても物件の形状がどうしてもダメって場合もあるのでその時は無理には考えないようにしましょう。